fc2ブログ
2024/02/18

ご報告

2024021913552921d.jpeg
太郎ちゃんにたくさんの
応援や元気玉を頂き本当に
ありがとうございました。

太郎ちゃん
たいへん残念ですが
力尽き 虹の橋を渡って
いってしまいました。

お外で生きる…
暑さ寒さ そして飢えに耐えて生きる…
辛い現実です

迷子猫を探していた時に
側溝の下を覗いてみると
弱った子や
亡くなっている子もいました…
野良猫さんを見かけるといつも
色んな思いが込み上げてきます。

太郎ちゃんは
診療所のあったかい毛布の
上で…
「あったかくてやわらかくていいなぁ✨
ごはんを探さなくて美味しいものをだしてくれる✨ 
人間って優しいんやね」って思ってくれたのかな…
と思います。

太郎ちゃん
ありがとうね。
虹の橋を渡ったらたくさんのお友達がいて 
ふかふかのベッドがあって美味しいものも
いっぱいあるからね。

弱っている子…もうちょっと様子を見ようか…
そのうちに取り返しがつかないほど弱ってしまう事が
多いです。
小さな小さな身体は 私達人間が思っているより 
病気の進行もはやく、怪我でのダメージは大きいのです。
そんな子を見かけたら 見て見ぬふりをせず。
ぜひ勇気を持って 病院に連れて行ってあげて欲しいです。 
太郎ちゃんも もう後数日早く保護できていたら…
と悔やまれます。

太郎ちゃんの死を無駄にしたくありません。
2024/02/12

金属ゴミ回収ご協力のお願い

鈴鹿市桜島で開催の『小さな譲渡会』会場を提供してくださっている
「(株)メタルエナジー様」のご厚意で
アルミ缶・スチール缶・不要なお鍋などの金属ゴミを会場へお届けいただくと
保護っ子たちのご飯や医療費などの「保護活動費」となるように
“買取支援” してくださることになりました。

1707639713157.jpg


ご家庭にある不用な金属での保護活動
『集めて支援』にどうぞご協力よろしくお願いいたします。


回収日∶2月18日(日)11時〜 15時
場所:(株)メタルエナジー様敷地内

⚠️ご注意⚠️
・『小さな譲渡会』開催時のみの回収とさせていただきます。
尚、上記時間外での回収はご対応できませんのでご了承ください。

1707639687704.jpg


・お手数ですが、空き缶等は中身や汚れを水で洗うなどしてからお出しください。

どうぞよろしくお願いいたします。m(__)m
2024/02/08

太郎ちゃん

202402081256097ad.jpeg

太郎ちゃん

一昨日の譲渡会の帰り
先生の診療所🏥へ寄りました。
診療所には 現在3匹🐈🐈🐈の
障害のある子達が治療を受けながら
暮らしています。

太郎ちゃんは
2/3(土曜日)に先生の所に
運ばれてきた子🐈…新入りさんです。
彼を見て 私は胸がいっぱいに
なりました。
ボロボロ…ガリガリ…
左頬には大きな穴があいて膿がドロドロ
とでています。
(もちろん先生に治療してもらっています)

ある工場に来ていたそうで
そこで生の鶏肉をもらっていた
ようですが 2/3に従業員の方が
倒れている太郎ちゃんを発見して
病院に連れて行ってくれたとのこと。

その病院では生きられる可能性は
フィフティフィフティと言われた
そうです。
その従業員さんはペット不可のアパート
住まいで どうにもならない…との
ことで 先生に相談があり…
ケージをお貸しして何とか少し元気に
なるまで面倒をみてもらうように
お伝えして。
ケージを取りに来られた時に

先生が太郎ちゃんを見て…
「自分が診るから置いていって…」と言うしかないような状態だったそうです。

太郎ちゃん
よく頑張ったね!
先生とこに来れてよかったね!
絶対に絶対に生きるんだよ!

そう思いながら
太郎ちゃんに栄養価の高い
ウェットを差し出しました。
嬉しそうに食べてくれました。
ホッとしました。
生きて欲しい🙏

生まれる場所や
出会いがあるかないかで
(保護してもらえるかもらえないかで)
この子達の一生はかわります。
野良猫の子として生まれても
保護されて 素敵なご縁があり
あたたかい家庭で幸せに暮らす子も
います。

でも…太郎ちゃんのように
こんなボロボロになるまで頑張って…
ガリガリに痩せて 怪我をして…
そんな子もたくさんいます。

太郎ちゃん
今日はご飯の食べが悪いそうです。
どうか
太郎ちゃんを応援してあげてください。
よろしくお願いします。

#生まれる場所は選べない #保護しなければ消えていた命 #頑張って #元気になろうね #元気になって #幸せになろうね
2023/12/02

2匹の兄弟

2023年4月生まれの兄弟猫2匹…

可愛い茶白…短足くん、おっとりさん
ベージュ…スタイル抜群でかっこいい系、ちょっとだけシャイ

202312022007249cb.jpg

山のあるお家に住む92歳のおばあちゃんからの話…

お庭に来るようになった大きな茶トラくん(裏のお家の猫)が自分のお家に帰らなくなり、そのうち別嬪さんのお嫁さん猫を連れてきたそうです。
そしてそのお嫁さん猫が4月に子猫を産んで大きくなって…

おばあちゃんの年齢では自分に何かあった時にはこの子達は誰にもご飯をもらえなくなる…と。

おばあちゃんのお家の前は大型トラックがよく通り、車に轢かれて亡くなる子も多いらしく、そのまま何度もトラックがその上を通りぺったんこになってることもあると近所の人が教えてくれました…

おばあちゃんのあとについて100m位先のお家まで行くと聞きました。
何度も危ない思いをしたそうで保護しました。

おばあちゃんが別れを惜しんで何度も何度も「しあわせになるんだよ」と声をかけてました…

20231202200723be7.jpg

必ず幸せになってもらいます‼️
2023/11/25

『が〜ちゃん』

『が〜ちゃん』、2022.10.14に保護されました。
20231119030023e1e.jpg

ある会社の倉庫でネズミとりが身体中にくっついて動けなくなっていたのを発見してもらいました。

どれだけ前から動けなくなってそこにいたかはわかりません… (かなり前からだろう…と) ガリガリで衰弱していたそうで体重はわずか1.7kg…

その倉庫にはペットフードのサンプルなどが置いてあり、お腹をすかせて食べに行ったところ、仕掛けてあったネズミとりでベタベタになり動けなくなったようです。

耳カットがあるTNRされた子でした。
20231119030029a55.jpg 20231119030026935.jpg

依頼されたスタッフが動物病院に連れていって粘着をとってもらい「まだ若い女の子」と言われたそうですが実際はかなのシニアであると後にわかりました。

預かりスタッフのもとでほぼ1年穏やかに過ごしました。
20231119030026abd.jpg

ご飯を食べてくれなくなり8月末に先生の診療所🏥にお引越しをして1ヶ月ちょっと色んな美味しいものをちょっとずつ食べさせてもらいました✨
全然なれていない『が〜ちゃん』でしたが診療所にいる他の子が先生に甘えているのを見てソッと近づいてきて先生に頭をコッツンコして甘えたそうです。

お外にいた子なので診療所の窓から風が入ってくるとお外に向かって ニャーとないてお外を恋しがったと聞きました。
どんなに元気がなくなってきていてもお外にいきたいなーという気持ちがあったのでしょうね。

先生に毛布にくるんで抱っこしてもらいお庭で30分程過ごしたようです。
お外の空気を吸い、風を感じ、においを嗅いで…きっと『がーちゃん』は「これこれ❣️あー気持ちいい✨」って思ったんだと思います。

翌朝、『がーちゃん』はお星様になりました。
よく頑張ったね…『がーちゃん』

わんにゃんこにはたくさんの高齢の子がおります。
少しでも穏やかにのんびりと過ごしてくれるように努力したいと思っています。


〜 2023.10.5 わんにゃんこInstagramより 〜